1. ドライヤーおすすめTOP
  2. ドライヤー最新情報
  3. シリアス ドライヤー
ドライヤーシリウスのご紹介
低温トリートメントドライヤー くわしくはこちらくわしくはこちら
シリウスドライヤー レッド

低温ドライヤーシリウスは750Wの省エネ

省エネ低温ドライヤーのシリウスのご紹介です。 
この商品は業務用ですが750Wなんです。 ん???。と疑問に思われましたか?
業務用は通常1200W以上の大風量ドライヤーを想像されたと思いますが
業務用では珍しい電気代がかからないドライヤーなのです。
ただ、低温でなおかつ風力が弱くて乾きが悪いんじゃないの?って思われましたか?
実は風量だけに頼るものではなく、乾きが早いのです。
また、この商品の大きな特徴の2番目は温風が低温専用ということです。
低温ドライヤーは高温に比べて髪や頭皮にやさしいものになっております。
それではこの低温ドライヤーのシリウスの特徴を詳しく見ていきましょう。

    

特徴1 750Wで電気代が安い 

業務用といえば1200W以上で1500W程度の大きな消費電力を持つドライヤーが主流です。
このシリウスは業務用にもかかわらず、750Wの低消費電力です。
1200Wであれば1時間あたり、およそ¥23.8かかります。この低温ドライヤーシリウス
は750Wでおよそ1時間あたり¥14.9と電気代は安く済みます。

1年間に換算すると
お風呂上りに1日10分間使用するとして365日×10分=3650分 約60時間
1200W : 60h×¥23.8=¥1428
 750W : 60h×¥14.9=¥894
1年間で 一人当たり¥534の節約になります。 
家族が4人いる場合は 4人×¥534= ¥2136も電気代が節約できます。

(※ 電気代は各電力会社によって異なります。あくまで目安とお考えください)

特徴2 1200Wなみの風力と遠赤外線効果

750Wであれば非力なドライヤーと想像しがちです。
しかしながら、1500W級のドライヤーに比べると風力に物足りなさを感じますが
1200W相当のパワーがあります。
低温風のシリウスは温風と同時に遠赤外線を発生させています。
高温の熱風で髪を乾かすのではなく、遠赤外線を併用することで毛髪の水分に働きかけて
芯から温め艶のある髪に導きます。
また、低温風で乾きが遅い分、遠赤外線を補完することにより、髪を早く乾かすことが
可能です。
  

特徴3 低温ドライヤーは頭皮、髪に低負担

一般のドライヤーは100℃以上の高温風のため、どうしても髪や頭皮に負担がかかります。
それに比べて低温ドライヤーシリウスは65℃前後の低温風ですので、髪や頭皮にやさしい
商品です。
120万個以上のマイナスイオンも発生しますのでキューティクルを保護しさらさらの
髪に導きます。
  

特徴4 モーターや電源コードが丈夫

ドライヤーの心臓部はモーターですが低温ドライヤーのシリウスは世界のトップメーカーの
日本製のマブチモーター社製を採用。 耐久性、安定性に優れています。
また、電源コードを折り曲げたりするとコード自体が劣化し、断線が発生し電源が
入らなくなるトラブルが起きやすくなります。
シリウスはスパークしにくいコードが採用されています。  

特徴6 超軽量なので腕が疲れない

業務用は比較的重量が重いものが多く、700gぐらいのものもあります。
この低温ドライヤーシリウスは365g(コードの重さを除く)の超軽量です。
重量があると髪を乾かすのも疲れますよね。
シリウスは軽いので髪のドライも楽々。女性にも使いやすい仕様です。  

低温ドライヤーシリウスのカラーバリエーション

 カラーはホワイトとシルバーの2色
 シリウスドライヤー レッドシリウスドライヤー シルバー
   

スペック 

電源  AC100V 50HZ/60HZ
消費電力  750W・450W 
安全装置  温度過昇防止装置(サーモスタット・温度ヒューズ) 
温風の温度  約65℃ +-10 
重量 365g
寸法  80×220×215mm
コード長さ  2.8m
付属品  ノズル
 

注目の最近人気ドライヤー

ビジョーナ エステドライヤー
ビジューナ 
エステドライヤー


ミストが発生して髪を
いたわるトリートメント
ドライヤー
120W、風量1.4立法m/分


低温トリートメントドライヤー
 低温トリートメントドライヤー

 低温な痛みくく風量が多い のですぐ乾きます。
 1200W



メーカーから選ぶ

シャープのドライヤー

パナソニックのドライヤー

クレイツのドライヤー

ソリスのドライヤー

テスコムのドライヤー