1. ドライヤーおすすめTOP
  2. ドライヤーの基礎知識
  3. ドライヤーの消費電力と風量
ドライヤーの家庭用と業務用の違いを解説
低温トリートメントドライヤー くわしくはこちらくわしくはこちら

ドライヤーとワット数の関係


家電製品の消費電力はW(ワット)という単位で表します。
消費電力は簡単にいうと、電気を使うか度合いがどれほどかという事ですね。

ドライヤーも一般の家電製品と同じで電気をつかう度合いとしてワットを使います。
ワット数が大きければ電気代がかかります。

逆にワット数が小さければ電気代がかからないという事になります。

ワット数によって電気代がいくらかかるか下のページを参考にしてください。
ドライヤーの電気代について

では一般的な家電製品の消費電力はいかほどか見てみましょう。

【消費電力の比較的大きい家電製品】

 家電製品  消費電力  家電製品   消費電力
 ドライヤー   800-1200W   掃除機  1200W 
 トースター(加熱時)   1000W   電磁調理器(卓上)  1200W
 アイロン   1200W   自動食器洗い機  1300W
 電子レンジ    1300W   電気カーペット   500-800W
 炊飯器   300-700W   ハロゲンヒーター  500-1000W 
 炊飯器(IHタイプ)   700-1300W  洗濯機(乾燥機能)  800-1000W

【消費電力の比較的小さい家電製品】

 家電製品  消費電力  家電製品   消費電力
 コタツ   600W  デスクトップPC   150-300W 
 液晶テレビ(32型)   150W   扇風機(ACモーター)  50W
 洗濯機  500W  ノートPC  50-150W
 プラズマテレビ(32型)    240W  扇風機(DCモーター)  5W~20W
 加湿器   300-500W   冷蔵庫(常時)  50-600W


このようにドライヤーのワット数は他の家電製品に比べても高い部類に入りますよね。
家で使うドライヤーのワット数としては最大1200W程度が理想です。

ドライヤーの消費電力別の特徴

ドライヤーを消費電力別で分けると大きく3つに分類できます。

①1400W以上
②1000W超えて1200Wまで
③1000W以下
で分けることができます。

この3つのドライヤーの特徴や良いところ悪いところを一緒に考えていきましょう。

1400W以上のドライヤーの特徴

1400W以上のドライヤーの特徴について

このドライヤーは一般家庭用ではなく、美容室などで使われる業務用のドライヤーに
該当します。

1400W以上の高消費電力ドライヤーは日本では一般家庭用は存在しません
業務用のドライヤーを近年では家庭として選ぶ方も増えています。
もし、家庭で使う場合のメリット、デメリットをお伝えしていきます。

【メリット】
①早く髪が乾く
モーターの出力が大きいため、風量が大きい事や風速が早いため、早く髪が乾きます。
美容室での作業効率を考えるとこれは必須条件です。
家庭用としても早く髪が乾くのは嬉しいですね。
家庭で高消費電力のドライヤーを選ばれる方はこれが一番の理由だと思います。

②大量にマイナスイオンが発生するものが多い
マイナスイオンの効果については賛否両論ありますが、マイナスイオンの発生量が多い
業務用ドライヤーは多いです。
美容室で使われるシャンプーやトリートメントとの相性が良く仕上がりが大変良いと
言われます。
美容室にいくと髪がサラサラになるという経験があると思いますが、
業務用イオンドライヤーの効果も大きいと考えられます。

【デメリット】
①家電量販店や一般のお店で売っていない
取扱いが美容室専門の商社のため、ほとんどの場合、一般のお店では売られていません。
入手方法はネット通販のみになりますので実際に実物を見たり、音や風量を
確かめることが出来ません。

②ワット数が大きすぎて自宅では使いづらい。
先ほどもお伝えしましたが家庭で使うワット数は最大で1200W程度。
使えなくはないですが、自宅の電気回路に負担を与えたり、時にはブレーカーが
落ちたり面倒なことが起きる可能性があります。

③電気代がかかる
ワット数が大きければ電気をたくさんつかいます。

④音がうるさい
高いワット数のドライヤーはモーター出力が大きいために音も大きくなります。
夜に使うのは少々、近所迷惑になる可能性大です。

⑤重量が重い
重量が500g以上の重いものが多いです。
しかしながら、最近では400gをきるドライヤーも発売されるようになりました。

⑥収納がしにくい
折りたたみ機能が付いていないので収納がしにくいです。
逆に美容室では店内のセット面のドライヤーかけがあるので折りたたみ機能は
不必要なんですが・・・。

最近では1500Wのドライヤーに比べても風量が同等、または勝っている
1200Wドライヤーも登場しています。

あえて風量が大きいという理由だけで消費電力の大きいドライヤーを選ぶのは、
良い選択とは言えないかもしれません。






1200Wドライヤーの特徴

1000W~1200Wのドライヤーの特徴について 

家庭用、業務用の両方でこの消費電力のドライヤーはあります。
ただ、一般家庭用の方が種類は豊富です。

【メリット】
①ドライヤーの値段のバリエーションが豊富

各社メーカーからは1000円台の低価格のものから1万円以上の高価格帯のものまで
多くの価格帯から選べることが嬉しい点ですね。
ただし、値段の安いドライヤーはデメリットがあります。
後ほどデメリットのところで解説します。

②種類が多いので自分に合ったドライヤーを見つけることができる
パナソニックのナノイーやシャープのプラズマクラスターイオンなど髪に
トリートメントのような効果を求める方用やただ単に髪を乾かすだけの機能など
目的に合ったドライヤーを選ぶことができます。

【デメリット】
(値段の安いドライヤーのデメリットです)

①髪の乾きが遅い
低価格のドライヤーは風量が少なく髪が早く乾きません。

②髪を傷める
低価格のドライヤーは風量が弱い上に温風が高温で髪を傷めやすく
なっています。

以上のデメリットはあくまで値段の安い1200Wドライヤーです。
この2つのデメットにはまったく該当しない高性能な1200Wドライヤーも多数存在
していることもご理解ください。

早く乾くドライヤーをお探しの方はこちら
海外対応のドライヤーをお探しの方はこちら
比較的静かなドライヤーをお探しの方はこちら






1000W以下の省エネドライヤーの特徴

1000W以下のドライヤーの特徴について 

このドライヤーに関しては省エネタイプになります。

【メリット】
①電気代が安くつく
省電力タイプなので電気代がかかりません。

②比較的低騒音
モーター出力が小さいので音が静かなものが多いです。

【デメリット】
①乾きが遅いものがある
省電力でモーター出力を小さくした結果、風量が少なく乾きが遅い省電力ドライヤー
があります。

②種類が少ない
省エネドライヤーは乾きが遅い機種のイメージがありあまり売れないため、
メーカーが作らないのが現状です。

ただし、近年、省電力が見直されてきています。
例えば省電力でも高性能モーターを採用して風力を大きくしたもの
遠赤外線効果を利用し風量の小ささを補い、速乾性を高めた省エネドライヤー
が発売されています。

オススメの省エネドライヤーはこちらをクリック



まとめ

ここまで1400W以上の業務用、1000~1200Wの主に家庭用、
1000W未満の省エネタイプの3つのタイプをご紹介しました。

高消費電力の1400Wのドライヤーは家庭用では不向きです。
1200Wでも速乾性の優れたドライヤーも多数、発売されているので速乾力を
求めている方でもそのような早く乾くドライヤーをおすすめします。

電気代が気になる方には、速乾性を高めた省エネドライヤーも発売されていますので
当店オススメの省エネドライヤーをご検討ください。

あなたに一番合ったドライヤーを見つけてください。

最近、話題の人気ドライヤー

ヘアビューザー

頭皮を育むスカルプ家電 ヤーマン 遠赤外線で新発想のスカルプドライヤー

パナソニック人気ドライヤー

パナソニック ナノイードライヤー

パナソニック イオニティ

おすすめの注目アイテム

使うほど髪が潤う魔法のドライヤーリュミエリーナ ヘアビューザー2

使うほど に髪が美しく!ストレートヘアアイロン リュミエリーナ ヘアビューロン


使うほどに髪が美しく!カールヘアアイロン リュミエリーナ ヘアビューロ ンカール

メーカーから選ぶ

シャープのドライヤー

パナソニックのドライヤー

クレイツのドライヤー

ソリスのドライヤー

テスコムのドライヤー

リュミエリーナ ヘアビューザーのドライヤー


おすすめ人気ヘアケア用品

ドレス プレミアムヘアソープ

ムコタ シャンプートリートメント

馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント

髪がツヤツヤ!リバースケア シャンプー&トリートメント

頭皮と髪の泡パック!無添加アミノ酸ヘッドスパシャンプー

海の5大成分配合!エフキュアリッチステージ