痛みによるパサツキ、まとまらない髪、ムコタの毎日のヘアケアで改善していきませんか?
ムコタ商品のご注文はこちら

シャンプーについて考えましょう!

 

シャンプーの主成分はどんなものがある?

シャンプーの成分で1番多いものは水。 2番目は髪の汚れを落とすためにシャンプーには洗浄剤いわゆる界面活性剤です。
シャンプーは髪の汚れを落とすことが主目的なので界面活性剤が主成分と考えてよいでしょう。
他には最近、悪者扱いされている髪の手触りや指通りをよくする成分のシリコンなどがあります。

界面活性剤にはどんな種類がある?

●高級アルコール系   
  一般的な量販店で売られているようなもの、大々的にテレビCMで流されているようなシャンプーです。
  高級アルコールというのは成分や価格が高級ということではなく、炭素数が多いという事で価格は逆に安価なものになります。
  具体的にはラウリル硫酸ナトリューム、ラウレス硫酸ナトリュームなどラウリル硫酸~やラウレル硫酸~の成分表示があるものが
  これに該当します。 このシャンプーのメリットとデメリットについて見ていきましょう。
  
<メリット>
   界面活性剤が安価なものを使用しているため、価格が安いことが魅力です。
  それと高級アルコール系の界面活性剤は泡立ちや洗浄力が良くサッパリ感が得られます。

<デメリット>
   サッパリ感があることがメリットですが洗浄力が強すぎることがデメリットになります。
  洗浄力が強すぎると髪や頭皮に影響がでます。 具体的には頭皮を痛めることにより乾燥肌になりフケが出やすくなったり、
  抜け毛の原因に なったりすることが近年言われています。

●アミノ酸系
  主に美容室やサロンの専売商品となります。 具体的にはアミノ酸の洗浄成分は‘ココイルグリシンNa’‘ココイルグリシンCa’
   ‘ココイルグルタミン酸Na’‘ココイルグルタミン酸Na’などココイル~の表記が成分表示の上位に あれば断言できませんが
  アミノ酸系のシャンプーになります。 また、商品名にアミノ酸という表記があればほぼ間違いないと言えそうです。
   ムコタシャンプーはこのカテゴリーに入ります。 それではメリット、デメリットを見ていきましょう。

<メリット>
洗浄力がマイルドなので髪や頭皮に優しい。 保湿性が高く頭皮がつっぱらず、洗い上がりのパサツキ感がありません。

<デメリット>
成分が高価なので一般の市販品に比べ価格が高い。 また、洗浄力や泡立ちが弱いため、市販品ほどのサッパリ感はない。 その為、少し時間を長めに丁寧に洗う必要があります。

●石鹸系
成分は脂肪酸Naが主成分になります。 それではメリット、デメリットを見ていきましょう。
<メリット>
頭皮への刺激が少ない。洗浄力がやや強い。
<デメリット>
アルカリ性なので髪にゴワつきがでます。石鹸かすが頭皮や髪に残留しやすいので よくすすぐ必要があります。 髪がアルカリに傾いた状態を弱酸性に戻すためにお酢をつかったリンスがおすすめ。

シリコンとノンシリコンについて

一般的に市販されているシャンプーはシリコンが入っています。 近年、シリコンが入っているものが良くないと言われていますが なぜ、そんなことが言われるようになったのでしょうか? 少し、考えて行きましょう。

● シリコンの役割
まずはシリコンの役割について考えていきましょう。 成分表示でジメチコン、シクロメチコン、シロキラシン、シリル、シリカ、シラン他が
ある場合シリコンが含有しているものになります。 シリコンは毛髪をコーティングし、指通りを良くします。
髪どうしの摩擦でも髪が傷みやすくなりますがそれも軽減する効果もあります。
ただ、このシリコンですが良くないと言われています。 何が良くないのでしょうか?次にシリコンの悪い噂についてです。

●シリコン悪玉論
シリコンシャンプーで最近、よく言われていることは以下の通り
① 長期間使用すると髪がボロボロになる
② 頭皮の毛穴にシリコンが詰まって髪が生えにくくなる
以上の2点がよく言われている事ですが本当にそうなんでしょうか? まず、科学的根拠はなにもありません。
実際に何人にも試験をして臨床データがあるということは聞いた事がありません。
言われていることの証拠は何もないのです。 学術的に証明されていないものがそうといえるのでしょうか?
市販のシャンプーは圧倒的にシリコン入りのシャンプーですがシリコンよりも洗浄力が強い洗浄剤の方が髪や頭皮に悪影響を
及ぼしているのではないでしょうか?
ノンシリコンは洗い上がりがきしむことが欠点ですが。ノンシリコンなのにきしまないというCMを 見たことがあります。
それってノンシリコンといいながらシリコンに変わるものが入っているので きしまないのでしょう。
その成分は危険とは言えないのでしょうか?
資生堂のホームページではシリコンについてのメーカーとしての見解があります。 参考にしていただければと思います。 http://group.shiseido.co.jp/rd/topic/silicone.html

●サロン専売のシャンプーはノンシリコンが多い理由
市販のシャンプーはシリコンが入っているものが圧倒的に多いのですがサロンのシャンプーは ノンシリコンが主流です。
まず、市販品はシリコンが入っているものが何故多いのかを考えていきましょう。
市販品は高級アルコール系のシャンプーが主流。これは洗浄力が強いということを他の章で 述べました。
シリコンが入っていないとしたら洗浄力が強すぎて髪がパサパサに なってしまいます。
シリコンで髪の状態を良く見せるために高級アルコール系のシャンプーにはシリコンは必需品です。
ではサロン専売シャンプーはどうでしょうか?
サロンシャンプーは洗浄力がマイルドなアミノ酸系のシャンプーが多いので 洗い上がりの状態や髪の質感が良いのです。
わざわざ、シリコンを入れて質感を良く見せる必要はありません。
また、髪質によってはサロン側の都合ですがシリコン入りのシャンプーを使うとシリコンコーティングの影響で
カラーが入りにくくなったり、パーマがかかりにくいという状態になります。
シリコンを除去するシャンプーもあるぐらいです。
100%ではありませんがサロン専売品の多くがノンシリコンシャンプーの多い理由です。 ムコタシャンプーも殆どがノンシリコンです。
(一部シリコン入りもあり)  

ムコタ商品のご注文はこちらから
MUCOTA ホームケア
MUCOTA ドレスドレス
MUCOTA NEW ホームケア
MUCOTA アデューラ アイレ